スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crewe 15/16(4月) ~プレミアディビジョン初優勝~

Crewe(FM2012)15/16シーズンの4月をお送りします。イングランド1部のプレミアディビジョンに属しています。


ピック:
1.5戦を残して、プレミアディビジョンの初優勝を決めました。

2.ユーロカップでリバプールを破り、初めての決勝進出。2戦合計スコア7対5という乱打戦でした。

3.FAカップでリバプールを破り、2年連続の決勝進出。連覇を狙う。

4.月間最優秀若手選手をオリセーが受賞。今季4度目。



合結果:
○アウェイ(vs Liverpool) 1対0(26勝0敗4分)
現在2位のリバプールの本拠地アンフィールドに乗り込んだ今季最大の挑戦。ほぼ互角の展開で迎えた前半43分、アネケからのスルーパスに反応したヒメネスの決定力により先制ゴール。その後は攻勢を強めてきたリバプールに攻められますが、堅固な守備により見事にクリーンシート。このアウェイ勝利により奇跡的なプレミア優勝が現実味を帯びてきました。勝ち点13差の首位。
無題

×アウェイ(vs Sporting)EURO Cup Qtr Final 2nd Leg 0対1
ユーロカップ準々決勝の第2戦。ターンオーバーしたメンバーで第1戦の貯金で逃げ切りを図った試合。前半から圧倒的に攻められるも最後のゴールは割らせず狙い通りスコアレスで前半終了。後半もよく粘ったが72分にとうとうゴールを割られる。ここからは緊迫したが、効果的なメンバー交代により逃げ切りに成功。合計スコア3対2により、準決勝進出を決めました。
無題

○ホーム(vs Fulham) 2対0(27勝0敗4分)
現在19位の相手。ベストメンバーで臨みながら、前半押されまくりの試合展開。前半終盤から徐々に攻勢を強め、63分、ソーレンセンのパスからヒメネスのポストプレー、スルーパスを受けたミヘリッチが先制ゴール。81分にはモンローズからのクロスをミヘリッチが決めてダメ押し。勝ち点15差の首位。
無題

△ホーム(vs Stoke) 1対1(27勝0敗5分)
現在17位のライバル。18分にPKを決められたが、24分にオリセーのスルーパスに反応したヒメネスが同点ゴール。その後も試合は優勢に進めるが得点は奪えず、引き分けに。連勝は12でストップした。勝ち点13差の首位。
無題

○ニュートラル(vs Liverpool)FA Cup Semi Final 1対1(PK5-4)
前半から互角の展開が続きながらなかなか点が両チーム奪えない。しかし79分にリバプールに先制点を許し、敗退目前。しかしその4分後に、ゴール前になだれ込み、泥臭くモンローズが同点ゴール。勝負は延長戦へ。101分に相手ディフェンダーが2枚目のイエローで退場。しかし追加点は奪えずPK戦へ。1人もはずさずに勝負は5人目。先行のクルーはキャラハンが決め、相手のシュートをティモが止め決勝進出。僅差の戦いでした。
無題

○ホーム(vs Liverpool)EURO Cup Semi Final 1st Leg 4対2
リバプールとの連戦。リーグ戦あわせれば、短期間でリバポと3戦目。連戦で層が薄い我がチームは若干メンバー変更。前半開始早々2分、スローインからヒメネスがエンドライン際をするするドリブルで抜いていき、角度のないところからスーパーな先制ゴール。前半は1点リードして終了。後半開始直後の47分、ガリンドが左サイドを疾走してあげた早いグランダークロスに、ヴィラーがファーサイドで飛び込んできて追加点。しかし52分、72分に立て続けに失点し同点。77分、ディオプ、ガリンドと繋いで、最後は交代出場のキングが勝ち越し点。後半ロスタイムには、ガリンド-キングで再び決めて2点差をつけてセカンドレグへ。ガリンドとキングの活躍が秀逸でした。
無題

○ホーム(vs Newcastle) 3対2(28勝0敗5分)
現在13位の相手。3日後のユーロカップを睨んで若干メンバーを落として臨む一戦。前半15分、カウンターからキングが先制ゴール。35分にはCKからオリセーが決めて2点差。65分には再びキングが決めて試合を決定づけました。77分、90分と連続失点し緊迫しましたが、なんとかリードを守りきりました。
無題

この勝利により、5試合を残してプレミアディビジョンの優勝を決めました。
無題

△アウェイ(vs Liverpool)EURO Cup Semi Final 2nd Leg 3対3
第1戦を4-2で制して臨む第2戦。開始2分にいきなり先制されるが、3分にミヘリッチからのパスを受けたヒメネスがすかさず同点ゴール。前半はこのまま終了かと思われた43分に再び失点し合計スコア1点差で折り返し。46分に失点しまいましたが、50分にモンローズのクロスをヒメネスが決めて再び勝ち越し。66分にはPKをロメオが落ち着いて決めて試合をほぼ決定づけました。合計スコア7対5という乱打戦を制して、見事決勝進出
無題


間最優秀若手選手:オリセーが今季4度目の受賞。2位ティモ、3位ロメオ。
無題


事会信用:今月は568Mの黒字。今季通算で1.2Bの赤字。
無題
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。